日本では毎年年賀状を出す習慣があるけど

日本では毎年1月1日に年賀状を出す習慣があります。その年賀状はめでたいという意味合いがありますが、中にはそのめでたいという意味合いを受け取りたくない場合があります。そのうちの一例が家族など身内の誰かが亡くなった場合となります。身内の誰かが亡くなった場合は家族の人にとって悲しい時間なために、それが癒されるまで年賀状の出すことはもちろん、受け取りすら行いたくないかもしれません。

自分でそのはがきを作成はできるが

けどその不幸な状況とお気持ちはすべての人が知っているとは限りません。毎年年賀状だけのやり取りの人もいるので、これらの状況を知らせるためには別の手段として喪中はがきを出しておく必要があります。この喪中はがきは日本の習慣では年賀状を出す時期までに相手に届くようにしておかねばなりません。つまり少なくても11月の終わりごろまでに相手に届くようにしておきます。となればそれまでの時期にこれらのはがきを作成しておく必要があります。今の時代は大半の家庭にパソコンやプリンターがあるので、その気になれば自分で自宅で作成することも可能ではあります。

自宅でやろうとすると結構な手間がかかります

しかしながら年賀状と同様に喪中のはがきも作成して印刷するのに結構な時間と手間がかかります。これも相手に出す人数次第ですが、人数が多くなるほど1日だけで済ませられる簡単な作業ではありません。こんな大変に時間と手間のかかる作業を悲しみに暮れたお気持ちのなかで行うのは、いつもの年賀状作成よりも心身疲労を伴いやすくなります。第一に喪中用の裏面デザインを探して、そこに家族の誰が何歳で何月何日に死んだといった文面を自力で入力作成し、しかもそれがずれないようにしないとなりません。年賀状のように適当に著作権フリーの裏面画像を探してそのまま印刷というわけにはいきません。

だったら手間がかかりにくいこのサービスが

となれば自力での作成の代わりにコストは増えるが業者に任せる方法があります。そのうちの1つが平安堂という業者のサービスで依頼するやり方があります。この平安堂の業者では年賀状と喪中のそれぞれのはがきの印刷サービスを行っています。この平安堂のサービスに依頼する場合は、インターネットサイトにアクセスし、そこで裏面のデザインを選びます。そしたら名前などの入力画面が登場するので、そこにいろんな情報を入力します。文面の自由に作れるように仕上がっています。それで入力が完成して送信すると、後はそれが作成印刷されて自宅に届きます。もちろん業者の商売なので自力ですべてを片付けるよりもお金はかかります。それと自分で表面に誰に出すかの住所名前を書く手間は残ります。けど少なくても裏面作成の手間と時間は省くことができます。